2017年07月18日

ミネラルファンデーションの持ち歩き用に「VINTORTE(ヴァントルテ)」の「ミネラルシルクファンデーション用専用ケース」を購入してみた。

皆さんこんばんは。


最近、集中が必要のない作業のBGMとして、

基本は野球中継などを流していたのですが、最近の我が家の将棋ブームにより、最近は将棋関係の動画なども流しておりました。

んで、棋士たちの人狼ゲームみたいなんを見て、「人狼ゲーム」って面白いのねと多少ハマっております。
しかし、よく見てないと内容が分からなくなるし、1ゲーム長いので、気軽なBGMとしては向いていないか…。

そんなわけで現在のBGMはやはり野球中継です。
(ただしブログ執筆中は集中力が削がれるので消してます)


☆★☆


てなわけで、以前、「レイチェルワインのミネラルメイクのお直しについて。」という記事を書き、
要は、ミネラルファンデをお化粧直し用に持ち歩きたいけどどうしたらいいかな?って内容だったわけなのですが(参考→以前の記事)、

持ち歩きやすいケースないかな?

できれば見た目がある程度許容範囲で、できれば持ち歩きやすい使いやすいサイズで、できればふわっとしたパフのついてるやつがいいなあと思って探してたんですが、

「あ、これいいかも!」と思ったものがあったので、購入してみました。


それが、VINTORTE(ヴァントルテ) ってとこの「ミネラルシルクファンデーション用専用ケース」。

VINTORTE(ヴァントルテ)公式サイト→コチラ


他のブランドで、中身もセットのものを購入して容器だけ再利用する形でも良かったんだけど、
ちょうど容器とパフだけ購入することができたので。

ついでに、ほんとは商品を実際に見てから買いたい派なんだけど、都会に出るには交通費もかかるしまあいいかなって。



てなわけで



P1000941mini.jpg



届きました。


ヴァントルテってあんま聞いたことなかったけど、ミネラルメイクの後発メーカー?

こんな風に容器だけ買えたり、あと詰め替えの粉のみ購入できるのが好印象ですね。
まあ今のところレイチェルワインにそんな不満がないのでとりあえず容器のみの購入。



P1000942mini.jpg



右側、ミネラルシルクファンデーション用専用ケース、税抜き1,000円。
左側、ふわふわエアリーパフ、税抜き500円。


いろいろ入っていたチラシ類は、そのまま古紙回収へ…(^^;)



P1000943mini.jpg


専用ケースの箱の説明文



P1000944mini.jpg


パフの袋の裏



P1000945mini.jpg


ケース



P1000946mini.jpg


シール剥がして



P1000947mini.jpg


パフをセットしてみる。



☆★☆



さて、購入時の写真はここまでとして、実際に使ってみた感想。

●デザイン
シンプルで悪くない。容器の質は高級感溢れるかと言えばそんなことはないが、許容範囲。ゴテゴテしてないデザインも、どちらかと言えば好きなタイプ。総じて許容範囲。

●使い心地
まず、粉の上にネットの層があるのだが、そのネットの使い方が分からず、「どうやったら出るの〜?」と最初は容器をひっくり返して粉を出そうとしていた(^^;)
持ち歩き用だからとそんなに粉を入れなかったせいで、かなり粉が取りにくいのね。どうもネットをビヨーンと伸ばして底のほうの粉を取るみたいで、まあやり方が分かると「なるほどこういうことか」って感じなんだが、でもビヨーンビヨーン伸ばしまくってるのでちょっとネット切れてしまわないか不安(^^;)

パフでの使用感だが、パフは「ふわふわエアリー」「毛足が長い」という言葉からイメージするよりは、『ふつうのパフ』という印象。まあしかし、一般のパフよりは使い心地いいかな?
今までミネラルファンデは全部ブラシで付けていたので、今一パフの使い方が分からないんだが、ミネラルメイクということを余り意識せずパフでポンポンしてても、ま、軽いお直し程度なら問題無さそう。
ブラシは「肌の上でクルクル」が基本だったので、パフではクルクルするのかしないのかが悩ましい。

パフ自体は小さめだけど、携帯することを考えたら妥当なサイズかな?パフのお肌への感触は柔らかくていい感じです。

透明の中蓋は使う時にいちいちよけるのが面倒だけど、ま、仕方ないかな?

●大きさ
ケースの大きさなんだけど、横の大きさはいいんだけど、厚みが結構あり、私の普段持ち歩いている、小さめ化粧直し用ポーチには入らない(^^;)
これでもリニューアルして薄くなったらしいのだが…まあ私普段あぶらとり紙、鏡、口紅程度しか持ち歩いてないので、もうちょい大きなポーチを持てってことかな…。
チークで狙ってるのが ETVOS の「ポンポンミネラルチーク」なんだけど、これも結構分厚いので、もう少し大きなポーチを探します…。
やっぱノンプレストでパフ付きだと分厚さは仕方ないのかな。


☆★☆


今のところ、全体の感想としてはまあ、お直し用の持ち運び容器としては悪くないかなと思っています。

あとは、ブラシで使う時にも使いやすければ、自宅で使う容器としてもこれを使ってもいいかなと思っているので、また時間ある時に試してみたいと思います。


ではでは



posted by Noriko at 19:07| Comment(0) | 生活・インテリア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。