2016年08月23日

「西洋料理 島」の紙袋。

改めましておはようございます。

もう1点、気になった紙袋があったのでご紹介。

…と言っても、テレビで見てただけで写真はないので、
「西洋料理 島 紙袋」で検索してみて下さい。いくつかヒットするものがあると思います。
(食べログのページがココですが、ココの写真のところでもいくつか見ることが出来ます)


ま、最近ですね、荷造りしながらぼーっとテレビを見ていたわけですね、じっくり見るわけでもなくぼーっと。

そこで、「秘密のケンミンSHOW ダウンタウンDX 合体3時間スペシャル!」という番組を見てたようです。
その中の、「芸能人が通う絶品肉料理!」の、みのもんたさんが紹介されたお店だと思う、
「西洋料理 島」。

みのさんおすすめのステーキがそれはそれはおいしそうで、しかしそれはそれは高級そうなお店で、
ま、そんな店庶民は行けねーよ。と心の中で思いながら見てたんですが、

余ったステーキをサンドイッチにして持って帰らせてくれるという、
そのお持ち帰り用の紙袋がですね

あ、検索して画像見て下さいね、

なんか、自分の息子さんだか、甥だか忘れましたが、身内のお子さんが描いた絵の紙袋なんですって!

イラスト自体は確かに絵心あるというか、ちょいと前衛的な偉い人が描いた絵だと言われるとそうかなあと思わなくもない感じなんですが、

身内のお子さんのイラストを、高級料理店のお持ち帰り袋に使うか!
と衝撃を受けたひとときでした。

まあこれが近所のやっすい定食屋さんとかだったら、「おばはん何ふざけた紙袋つこてんねん」となると思うんですが、
高級店だからこそなんだか芸術的に見えてしまうこの不思議!

…となると、結局私ら「デザインがどういうものであるか」なんて見えてないのかもしれません。
シチュエーションとか、雰囲気に流されているのかもしれない。

有名デザイナーやイラストレーターに頼むだけがデザインじゃないんだなあと感じたのでした。


ではでは



posted by Noriko at 09:54| Comment(0) | デザイン関連 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。