2017年02月04日

タルト・オ・シトロン(レモンタルト)を作る。

こんばんは。


ここんところ、ロゴみたいなの作ろうとしてます。

作ろうとしてるけど、なんかこう、超むずい。

でも少しずつ作って行きたいと思います。


さて、


今日はタルト・オ・シトロン(レモンタルト)を作りました。


以前レモンピールにした残りのレモン本体が、いよいよやばくなってきたため…(^^;)

やばすぎてレモン汁があまり取れなかった…。


はちみつレモンとかにしてればいいのですが、それじゃあ面白味がないやん。


てなわけで、タルト焼いてレモンカードみたいなの作って詰めて冷やしました。



IMG_3973mini.jpg



いや

いやいや


まず、表面が少しざらっとしてるの、ラップをかけて冷やそうと思ったら案の定、ラップにレモン部分がくっついて、はげてしまったのよ!もっとつやつやしてたのになあ…。


タルト部分が荒々しいのは、マフィン型とプリン型に適当に詰めて焼いたからです。(タルト型ないの)
そして、タルト生地がゆる過ぎたのか、ぼろぼろして大変だったからです。

味は、中のレモン部分はかなりいい!
外は多少の失敗を感じる…。


タルト部分

バター 50g
豆乳 50g
砂糖 75g
卵ミニ 1個
アーモンドプードル 14g
薄力粉 110g
全粒粉 66g

バター→砂糖→卵→粉類の順に混ぜ、まとめて冷蔵庫で1h寝かす。
170℃で25分ほど焼き、底に塗り卵をして追加3分ほど焼く。

これね、もともとバターが倍量くらい入ってるレシピ(こちら→Cpicon レモンタルト☆タルト・オ・シトロン by nyonta)を参考にしてて、バターの半量を豆乳に置き換えてみたんだけど、この発想がなんか違う気がする。とりあえず生地がゆる過ぎるし、サクッと感が出ず、しっとりクッキーみたいになってしまった。適当に作ったことを反省します。


中身

レモン果汁 70g
砂糖 70g
バター 16g
卵 1個くらい
粉ゼラチン 3g

作り方は元レシピに準じる。材料に端数があるのは、単にボウルに入れてたら入ってしまっただけとかそういうやつ。

あ、あと中身はこの倍量くらい作らないと、タルト生地と分量合いません(^^;)


これは元レシピからバターを大胆に抜いてるんだけど、まあ卵あるしゼラチン少し増やしたから固まるだろう、という発想。
私的には当たり!バターが多いのが苦手なので、すでにタルト生地にもバター使ってるしあんま使いたくなかったのね。(胃もたれするやん)


まあタルト生地は多少の失敗があるものの、甘酸っぱいレモンカード的なものと、タルトとのハーモニーがたまらなく美味しいです!

特に旦那はレモン系スイーツがかなり好きなので、狂喜してます!


まあ美味しかったんだけど、同じものを作るのもアレなので、またレモンの季節には別のスイーツにチャレンジするかもしれません。


ではでは




posted by Noriko at 23:03| Comment(0) | 作った食べ物 | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。